式に参加する衣装

これから結婚式へ参加する場合はドレスを着用しなければなりません。またドレスによってはボレロを羽織らないといけないので、ルールやマナーを理解してから通販サイトで購入するようにしましょう。

もっと知ろう

マナーとスタイル

結婚式の服装だこれだけは守っておきたい!というものがあります。
それは全身を白で揃えない、というものです。特に女性は白や淡い色のドレスが人気のため気をつけて置いたほうが良いでしょう。
何も白のドレスを着用してはイケナイ、ということではありません。ただ、あくまでも純白のドレスは新婦のための色なので、白っぽいドレスを着用する場合は黒のボレロを身につけたり、濃い目のバッグや靴など小物で差し色を入れて全身が白だけになるのを防ぐ必要が有ります。
ただし、ここで気をつけなくてはいけないのは「全身白色だと行けないから黒を着よう」と全身を黒で整えてしまうことです。全身黒にしてしまうとどうしても喪服を連想させてしまうためこちらもマナー違反になってしまいます。

結婚式に参列する場合に気をつけたいことでよくあげられるのはドレスなどの服装ですが、実は足元にもマナーが存在します。
例えば、黒タイツや踵のないミュールなどはマナー違反だと言われています。しかし、黒は黒でも模様の入った黒タイツの場合はマナー違反にならなかったりするので、着用する場合には基本的なルールを知ってからにしましょう。
女性だけではなく男性にも結婚式に参列する場合、マナーがあります。主に服装だとラフすぎる格好や喪服をイメージさせるような礼服は着用を控えることが大切です。
また、男女共に言えることですが、結婚式では服装以外にも髪型やしぐさなど、細かなことにも配慮をすると良いでしょう。

商品に使われる素材

ドレスを単品で購入したときはボレロを別で購入しなければなりません。ボレロにはベロアやレースなどの素材がありますが、その素材によってもデザインが異なるので、ドレスに合うものを選びましょう。

もっと知ろう

身体のカバーにもなる

結婚式用のドレスによってはボレロが必要になることもありますが、ボレロはお洒落の一つだけではなく二の腕のカバーにもなります。通販サイトで購入するときは在庫状況も確認しておきましょう。

もっと知ろう